ハガキ

細かい工夫で圧着ハガキの開封率アップ

ポストカードと封筒

ハガキサイズに広告面を織り込むことで、低価格で豊富な情報を提供することができる圧着ハガキですが、実は開封しやすくするための細かい工夫が施されているんです。

それが「ズラシ折り」と呼ばれるものです。
これは、圧着してある面を開きやすくするよう、少しだけ紙をずらしておくという工夫です。
このズラシ折りがあるのとないのとでは、開きやすさにかなりの差が出てきます。
そして、ズラシ折りがある圧着ハガキの方が、同じ内容でも開封してもらえる可能性が高いのです。
確かに「ここから開けてください」なんて書いてある部分があると、ついつい開けてしまいます。

同様の工夫に「コーナーカット」と呼ばれるものもあります。
これは圧着面の角を少しだけ切って開きやすくしたものです。

このように、小さな工夫で圧着ハガキの開封率をあげることができるんです。
せっかく内容に力を入れた広告を作成しても、開いてもらえなければ、宣伝の効果がありませんよね。
それでは、圧着ハガキの作成代金と郵便料金が無駄になってしまいます。

このような加工をした圧着ハガキの作成は業者に依頼すればしっかり行ってくれます。
他にも業者は圧着ハガキや広告郵便に対して様々なノウハウを持っていますから、ぜひ色々相談をしてみてください。

官製ハガキ

圧着ハガキのタイプを知って効果的に使用しよう

最近、ダイレクトメールや公共料金の明細などでよく見かける「圧着ハガキ」ですが実は圧着ハガキにもタイプがあります。代表的…

more
ポストカードと封筒

細かい工夫で圧着ハガキの開封率アップ

ハガキサイズに広告面を織り込むことで、低価格で豊富な情報を提供することができる圧着ハガキですが、実は開封しやすくするための細かい工夫が…

more
DM

キャンペーンの案内に最適な圧着ハガキ

キャンペーンの案内を送付したい時に、活用しておきたいのが圧着ハガキです。圧着ハガキの魅力は、通常のはがきの2倍以上の情報量を掲載可能で…

more
ハガキの束

思わず開けたくなる圧着ハガキの心理的効果

皆さんは、年末年始などに売り出される福袋を買うとき、何が入っているのかわからないのでドキドキしませんか?人間には隠れているもの…

more

POST LIST

Top